仕事

テンションぶち上げ!モチベーション維持にもってこいな書籍5選!

斎藤一人の道は開ける:永松茂久

斎藤一人の道は開ける

『魅力を上げれば人生は簡単にうまくいく』

日本歴代1位の所得税納税者の斎藤一人さんに弟子入りした
永松茂久さんの著作です。

どうすればビジネスがうまくいって
幸せになって
心が楽になるのか

著者が斎藤一人さんに弟子入りして、半年間で学んだすべてが記されています。

成功の基礎は【笑顔】【うなずき】【天国言葉】

誰もが当たり前だと思っているのにできていない。
笑顔で接して、
教えてもらったことは素直に聞いて、
「楽しいな」「ありがとう」「幸せだな」などポジティブな天国言葉を口に出す。
たったこれだけで人生は好転する。

もう何回読んだかわかりません。
人生の中でBest3に入るくらい大好きな本です。
読むたびにモチベーションが回復し、
やる気がみなぎってきます。

大好きな仲間にはプレゼントするくらい好きで、
自宅にはストックがあります。

人生がうまくいってないなら一読の価値ありです。
マインドに関することが大半ですが、
人としてとても重要なことを再確認できます。

斎藤一人の道は開ける (PHP文庫)

斎藤一人の道は開ける (PHP文庫)

  • 作者:永松 茂久
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日: 2010-11-02

金持ち父さん貧乏父さん:ロバート・キヨサキ

金持ち父さん貧乏父さん:ロバート・キヨサキ

お金に働かせる

「お金は力だ。だが、それよりも強いのはお金に関する教育だ」
多くの人が学校に通い、教育を受けているにもかかわらず、
お金がどのように働くかについては全く習わない。
その多くの人たちは【一生お金のために働くことになる】

お金に対する考え方が変わる1冊。
成績優秀で3つの大学の授業料は奨学金だけで卒業した父と高校すら卒業していない父。
一方は死ぬ直前まで働き、一方はハワイで最も裕福な人間のひとりだった。
どちらの父も「勉強しろ」と言うが、勧める対象が違っていた。

お金はツールであって目的ではないということが理解できる本です。
何か自分でビジネスをおこしたいと考えている人にぜひ読んでほしい1冊です。

「どうせ無理」と思っている君へ:植松努

「どうせ無理」と思っている君へ

君は“自信”と“意志の力”と“夢見る力”をもって生まれた

モノづくりの技術と工場があるけど知識がない著者と
ロケットが好きで専門知識はあるけど技術がない先生。
足りない人と足りない人が助け合うと何かができる。

TED × Sapporo

TEDでの公演を見てもらえばわかりますが、子供たちに向けた内容ですが、ビジネスにも十分通用する、根柢の話が記されています。自信が持てなくなったらこれを読んで思い出します。

夢をかなえるゾウ:水野敬也

夢をかなえるゾウ

1日1個、ガネーシャから出される課題を実行する

  • お金持ちになりたい
  • 有名になりたい
  • 自分にしかできない大きな仕事がしたい
  • 自分のもつ才能を充分に発揮したい
  • 成功したい
  • 課題の中には「そんなことして何になるの?」というようなものもあります。
    迷信のような、非科学的な内容と思うかもしれません。
    しかし、必ず実行してください。
    そして、その効果を実感してください。

    見た目は像のガネーシャは、関西弁でちょっぴりかわいいキャラクターです。対話形式で次々課題が出されます。そのどれもが1日で実行できるもので、成功やお金持ちになりたい・・・という目的とは直接つながらないと思うものもあります。この本のお陰でものの考え方やマインドが大きく変わりました。

    夢をかなえるゾウ文庫版

    夢をかなえるゾウ文庫版

    • 作者:水野敬也
    • 出版社:飛鳥新社
    • 発売日: 2011-05-20

    君はどこにでも行ける:堀江貴文

    君はどこにでも行ける

    日本はかつての力を失った

    グローバリズムの台頭により、アジアの経済発展がすさまじい。
    とくにチャイナマネーのパワーがすごく、人口抑制政策が終わり、人口増加が始まるとどこまで経済成長するか想像もつかない。
    先進国だった日本は完全に置いて行かれ、トップは中国にとられ、国際競争では韓国、シンガポールにも追い抜かれている。

    世界は変わっている。日本のポジションも変わってきている。君はどうする?という入り。圧倒的な先見の明があるホリエモンのグローバルビジネスのアイデアやヒントが満載の本著。ホリエモンの著書はすべて読んでいるけど、ずっと内側にしか向いていなかった目線が、外(海外)に向くようになった。独立するきっかけにもなった本。

    君はどこにでも行ける

    君はどこにでも行ける

    • 作者:堀江貴文
    • 出版社:徳間書店
    • 発売日: 2016-03-25

    今回ご紹介した本は、どれも読むとテンションが上がり、仕事に対するモチベーションだけでなく、プライベートでの『ものの見方』や『考え方』も良い方向に変えてくれます。

    小さなことでイライラしなくなりますし、寛容になると人生が好転します。確実に。

    私生活がうまくいってない、営業成績が伸び悩んでいる、目標や夢が見つからない

    そんな人はどれでもいいので1冊手に取ってみてください。

    何かのきっかけになることを祈っています。