仕事

売れない営業マン・セールスマン必読!本屋さんでは買えない日本未入荷の和訳ビジネス書【ダイレクト出版】のすすめ

売れない営業マン・セールスマン必読!本屋さんでは買えない日本未入荷の和訳ビジネス書【ダイレクト出版】のすすめ
 
年間100冊以上のビジネス書を読む管理人が、
和訳ビジネス書の先駆け、ダイレクト出版のおすすめ本を紹介します。

  • 営業成績を上げたい
  • フリーランスとしてやっていきたい
  • 会社経営をしてみたい

そんな人たちの一助になれば幸いです。

1位 現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101
ダイレクト出版でおすすめするならどの本?と聞かれたら、迷わず『現代広告の心理技術101』と答えるほど名著です。
広告ってタイトルに入っているものの、マーケティングというか【モノを売る本質】が込められている本です。

  1. 人が何を求めているのか。
  2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
  3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

これがわかっていると

  1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
  2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
  3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
  4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

広告を見た時にどんな心理が働くかを徹底的に研究し、
消費者心理の17原則買わずにいられなくなる41のテクニックを紹介。

2位 クロージングの心理技術21

クロージングの心理技術21
アホほど売る営業マンと、いくら努力しても一向に成果が上がらない営業マンの差とは?
売れる営業マンはあるトリックを使っている。
 
消費者心理学
 
いわゆる心理的な部分を上手にコントロールすることで
相手の欲求を増大させて、気分を良くさせ、
購入までの流れをスムーズにする話し方がふんだんに書いてあります。

3位 脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術
 
この本も心理学的な要素が多いのですが、
著者はニューロマーケティングと言っています。
何かを買うとき、脳は痛みとして認識する場合があり、
セット販売やクレジットカードで購入することで、一種の鎮痛剤的な役割を果たす。
 
痛みを緩和する価格設定や販売方法で、
顧客の脳をコントロールしてしまおう!

4位 説得の心理技術

説得の心理技術
 
説得という言葉にすると、『丸め込む』的な要素が強いと感じませんか?
子供のころ、スーパーマーケットでお母さんにお菓子を買ってくれと駄々をこねたことはありませんか?
誰かをデートに誘ったことはありませんか?
これが説得という行為そのものです。
 
相手に理解してもらってから、自分の望み通りに動いてもらう。
そのスキルを学べる本です。

5位 億万長者の不況に強いビジネス戦略

億万長者の不況に強いビジネス戦略
 
ダン・ケネディが書いた経営の教科書。
全ての成功は個人的な決断から生まれる。
ビジネスの成否というのは ビジネスそのものの優劣よりも 経営者の決断力で決まります。
商品が売れるかどうか見極めるのも
雇っていい従業員かどうかを判断するのも
全ては経営者だからです。
 
ビジネスで成功するには 儲かるビジネスを探すことよりも
まず経営者として決断力を磨くことが大事です。
 
では、どうすればいいのでしょうか?
それがこの本の中で語られています。