仕事

返済義務のない奨学金?!【新聞奨学生制度】

返済義務のない奨学金

新聞奨学生

『新聞奨学生制度』をご存知ですか?

契約期間、新聞配達をしながら学校を卒業すると、借りた奨学金の返済義務が無くなるという制度です。

契約内容や在学期間によって借りられる奨学金は変わりますが、返済しなくて良いというのはとても魅力的だと思いませんか?

最近では行政から借りた奨学金が返済できずに自己破産する人もいるらしいです。

奨学金の返済ができずに自己破産

進学するための手段の一つとして検討してみてください。

 

 

新聞奨学生のイメージは?

雨でも雪でも、健気に頑張る少年や少女、

お金が無くて自力で学費を稼ぐ苦学生等のイメージが強いのではないでしょうか。

新聞奨学生のイメージ

でも実際は違っていて、

慣れるまでの最初の3ヶ月を乗り越えてしまえば

時間的にも金銭的にもとても余裕がありました。

少なくとも私は「新聞奨学生制度を利用して良かった」と思っていますし、

ツラいこともあったけど、楽しかった思い出の方がはるかに多いです。

 

新聞奨学生制度

新聞奨学生制度とは、新聞各社が連携する大学・専修・各種学校・予備校に進学を志望する学生が利用でき、夜間・通信制の大学を選ぶこともできます。

残念ながら高校生は、この制度を利用することができません。

新聞奨学生は学費の全額、もしくは一部を新聞社が肩代わりしてくれる制度になります。

在学中(育英奨学会入会時に決めた期間)は新聞配達業務や集金を行うことで、奨学金を借りることができます。

基本的に業務を行う販売所の指定はできませんが、通学時間や希望を考慮してくれ、比較的希望に近い販売店に配属してくれます。

初めての1人暮らしの人も多いので、生活のためのサポートもしてくれます。

また、自宅からでもこの制度使うことができ、所属する販売店までの通勤費と通学費が別途支給されます。

各新聞社の育英奨学会によって奨学金はことなり、仕事内容、時間、集金業務、営業(拡張業務)などの有無で給料は変わります。

集金業務や営業などしなくても、配達業務と翌日の折り込みチラシ作成業務だけでも大丈夫です。

適応学校が地方に分かれてHPに載っていますので検索してみてください。
志望校が適用校かもしれませんよ。

適応可能学部の大学生は、昼・夜の文科系学部であり、多くの理系学部は実習・必須科目が多く不適応になっていましたが、一部の新聞社では理系でも良い場合もあります。

部活やサークル活動も基本的にはOKですが、業務に影響が出ないよう調整は必要です。

夕刊の配達があるため、午後の授業が出席できない事もあります。

受けたい授業が午後に多い場合は、契約時に夕刊業務を選択しないという手もありますが、奨学金が減額されます。

 

奨学金の返済義務の消滅

期間満了まで働く事で奨学金の返済義務が無くなります

加えて、希望者には新聞社から推薦状を出してくれる場合もあるため、就職活動には多少有利です。

契約期間満了前に退会する場合は、残り期間分の奨学金を返済しなくてはいけません。

 

新聞奨学生の仕組み、仕事や給料、リアルな生活スタイルを紹介したいと思います。

 

 

1 2 3